僕らの明日にキス〜〜⭐︎

エイトWEST関ジュ。3つまとめて愛おしいファンブログ。

「関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!」はまだ終わってない

この度、「関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!」

京セラドーム大阪

1月17日公演に行ってきました。

 

関ジャニズム名古屋公演ぶり、

1年とちょっとぶりの関ジャニ∞

初めての大阪で見る関ジャニ∞

初めてのオーラス公演。

当選したときから、

ライブは始まっているとは

よく言われたものですが、

一緒に行く友達関ジャニ∞は初)

申し込む日程を決めるときから、

嬉々としてました。


リサイタルが落選したので、

勝手に今回は当選するだろうと思い、

倍率が高い大阪公演の、

倍率が高いオーラス公演に応募しました。

 

そして、勝手な思い込みは意外と通り、

該当公演にいく権利をいただきました。

しかも、スタンド下段を引き当て、

フロートがあるなら、

ファンサも狙える良い席でした。

したがって、初めてのファンサうちわを作り、

友達と服をメンバーカラーで揃え、

自分史上一番気合の入ったライブとなりました。

 

今回も、ツアー中1公演のみの参加です。

予備知識は「元気が出るCD」、

メディア情報。

あとはTwitterでのレポを読み、

深々と思いを募らせる毎日でした。

 

いざ当日、グッズは売り切れがあるのでは?

と焦ってましたが、

自身の買いたいもの(いざ目の前にすると増えます)を買うことができ、

ほくほくニヤニヤして、

京セラ初心者は開演1時間前には

着席するという

空間を楽しむ遊びをしていました。

 

開演10分前になると、

周りも十割方埋まり、これが4万人かと、

(直近の現場が松竹座だったのもあるかもしれないけど)

単純に関ジャニ∞ってスゲーと思いました。




そして、携帯の充電を切り、ペンライトを点灯させてみて、

開演を待っていました。

 

時計を持参していなかったため、

開演が押していることなど露知らず、

レポで見た開演前のマナー動画が

始まらないことに少し疑問を感じていたときでした。

壇上には黒いパーカーを着たひとたちが、

ライトを浴びて出てきました。

「ん?だれ?」

出演者かどうかも分からず、

これ演出?な心境でした。

周りもざわついていて、

これがいつものことじゃないんだと察知しました。

第一声が村上くんの声で、

遠くに立っているひとたちは

関ジャニ∞なんだと気づきました。

村上くんが「見ての通り、今6人しかおりません」(ニュアンス)

と言われても、

距離的に6人しかいないことは分からなかったし、

何が「見ての通り」やねんと、

心のなかの関西人が突っ込むなか、

大倉くんが腸閉塞で、

今公演の不参加であることが告げられ、

また心のなかの関西人が、

よぉ聞こえんかったわと

事の意味を方向転換してしまっていました。

この最初の挨拶?、モニターでの投影は無く、

メンバーの表情を見ることはできませんでしたが、

悔しさが分かるような声色でした。

ファンへ公演を始めてもいいかと尋ねたあと、

大倉の分まで精一杯やるからと言い、

一旦メンバーはハケた後、

よくわからない緊迫感から解放され、

よく知らない病気にかかった大倉くんへに

仕様がない想いをもちました。

 

ライブ本編の感想は略して、

今回、7人の関ジャニ∞をみることが出来なくて、

とても残念でした。

6人とうちわ参戦の大倉くんの関ジャニ∞の今公演も

とても楽しかったけど、

これとそれとはまた別のように思います。

まだ私は「関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!」を見ていないように感じています。

 

 

次は7人で!と言っていたので、

次に期待しつつ、

大倉くんの全快を心待ちにしてます。

 

リサイタル発売まで、もうすぐ!!

 

関ジャニ∞リサイタル お前のハートをつかんだる!!(初回プレス仕様) [DVD]

関ジャニ∞リサイタル お前のハートをつかんだる!!(初回プレス仕様) [DVD]